A氏の家

エクセルギーデザインを本格的に取り入れた2軒目の住宅。農家の古住宅が建っていた玉川学園の丘陵地帯に建てられたこの建築の特徴は屋根。夏の日差しを遮りつつ、冬の日差しを室内へ取り入れることで、太陽熱エネルギーを最大限活用している。屋根はリビング・ダイニングを内包するバタフライ屋根と、風呂・寝室のプライベート空間を内包する片流れ屋根の2つの屋根で構成している。屋根はそれぞれ「直射を遮えぎる」北側の「光を取り入れる」など役割があり、その役割によって生まれた屋根の形がこの建物の個性を決定づけている。

設計 藤原徹平/フジワラテッペイアーキテクツラボ

構造 NCN
構造監修 池田昌弘

施工 株式会社 参創ハウテック

設計期間 2016年3月〜2017年12月
施工期間 2017年12月~2019年3月

所在地 東京都世田谷区

構造 木造SE構法
規模 地上3階
建築面積 69.75㎡
延床面積 138.97㎡

写真 中山保寛
模型写真 フジワラテッペイアーキテクツラボ

現代の家
藤原建築_バナー.png

〒675-1369 兵庫県小野市高田町1489-1

TEL:0794-62-8100(受付時間 10:00〜17:00)

※現場作業につき、出られない場合がございます。

藤原建築設計工務.png

FAX:0794-62-0433

© 2021 Fujiwarakenchiku