「常磐線展」いよいよラストスパート


※鉄道博物館公式Facebookにて2020年8月25日に投稿された内容となります。

※該当記事のリンクは下部に記載。


6月から開催の企画展 「全線運転再開記念 常磐線展」も 残すところ2週間を切りました


 残り少ない会期となりましたが、まだまだたくさんの見どころをご用意しています。  企画展会場(本館2Fスペシャルギャラリー1)の展示は、7月15日から一部資料の展示替えを行っています(詳しくは7月4日、7月28日の記事の内容をご覧ください)。また、先日ご紹介したとおり、鉄道ジオラマも「常磐線展」に合わせたスペシャルプログラムを行っています。


 さらに、ご好評いただいております企画展の展示解説も、土曜日・日曜日に引き続き実施いたします。それに加えて車両ステーションの展示車両(クモハ40形、ED75形、485系、クモハ455形、ナハネフ22形)の常磐線バージョンでの展示も、最終日の9月6日まで実施しています。こちらは最後の週に、もう少し手を加える予定です。


 まだ企画展をご覧になっていない方も、既に企画展をご覧になった方も、ふだん見られない資料や展示をご覧いただける最後の機会となりますので、ぜひ鉄道博物館へ足をお運びください!


■企画展「全線運転再開記念 常磐線展」 会期: 9月6日(日)まで (9月1日は休館日です) 開場: 本館2Fスペシャルギャラリー1 特設サイト(外部サイト) https://www.tttable.co.jp/joban-line-exhibition


■鉄道ジオラマ 企画展「全線運転再開記念 常磐線展」連動 解説プログラム 『花咲く常磐線』 『~Wish~ 歩んだ歴史、そして夢へ』 『バラエティに富んだ車両スペシャルコース~チャームポイントを添えて~』 ※これまで実演している解説プログラムもあわせて実演します。 ※日によって、実演しないプログラムもございます。各回の実演プログラムは当日、 現地でご確認ください。 https://www.railway-museum.jp/news/pdf/20200622_1.pdf


■「全線運転再開記念 常磐線展」展示解説 ※展示解説員(インタープリタ)による解説 場所: 本館2Fスペシャルギャラリー前 日時: 8月29日(土)・30日(日)/9月5日(土)・6日(日) 各回14:00~(約30分) 定員:各回10名 ※開始時間までにスペシャルギャラリー前にお集まりください https://www.railway-museum.jp/news/pdf/20200807_1.pdf


※9月分の時間指定「入館券」も販売中です。詳しくはこちら↓ https://www.railway-museum.jp/news/pdf/20200813_1.pdf